杉並区東京相続相談センター
お問合せ 03-3333-0003
お客様の声

杉並東京相続相談センターby小松原会計事務所



確定申告支援センター 小松原会計事務所


⇒無料相談はこちら


⇒ブログはこちら




杉並区の東京相続相談センター小松原会計事務所が選ばれる訳

東京杉並区の東京相続相談センター小松原会計事務所は、相続に経験豊富な税理士が、その持てるノウハウを最大限に活かして、 相続でお困りの方、相続を初めて経験する方の相続税対策・相続税申告を全力でサポートします。
一括りでは評価できない個別性の強い土地に関する専門知識を踏まえた評価額算出、書面添付制度の採用による税務調査対策、 円満な相続の為の遺産分割案のご提案や、二次相続を踏まえた相続税のシミュレーション、更に節税対策等、 相続税に関して検討すべきあらゆるテーマを、相続経験豊富な税理士のノウハウをもって対応させていただきます。
不動産の相続登記や売却等、相続税申告後に必要なアフターフォローも、提携司法書士・提携不動産会社等と密な連携を図り、万全の態勢で臨みます。
また、期限が迫っているケースや、期限を過ぎてしまったケースでも、迅速な対応で安心を提供します。
相続人同士で争いのあるケースや、遺産総額を把握できないようなケースでも、相続に強い弁護士と連携を図り、円滑な相続税申告のお手伝いをお約束します。
相続税申告は豊富な経験と実績ある杉並区東京相続相談センター 小松原会計事務所 税理士小松原英二に安心してお任せ下さい。



相続税の基礎知識

相続税とは、故人の資産に対して課税される税金のことです。
財産総額から、3千万円に法定相続人の人数×600万円を加算した基礎控除を差引いた上で、財産額が「プラス」になる場合に発生します。
その計算方法は非常に難解で、慣れない人には分かり難く、一般には税理士の仕事ですが、 総資産額から相続税額の総額を計算し、各相続人の取得した遺産割合に応じて相続税を按分計算することになります。
また、この計算方法は、過去何十年に亘り改正されておりません。
相続税の算出にあたり、不動産、特に土地評価はとても重要な部分です。路線価を基礎に、様々な方法で評価額を算出することになっています。 また税率は資産総額が大きくなる程に高くなるという「超過累進税率」となっております。
資産が多ければ多いほど、高い税率が適用されますが、配偶者控除の特例により、遺産のうち配偶者が取得した部分の財産については、 法定相続分か1億6千万円のどちらか高い方までは非課税となり、税金がかかりません。


相続税の申告期限は亡くなった日から10ヶ月以内と決まっています。
また時効は5年となっており、悪質な場合は7年まで遡って課税されます。
相続税の手続きや計算は、慣れない一般の方が自身で行うことは非常に困難で、 相続税額も大きいことから、申告は専門の税理士・会計士や会計事務所に依頼するのが通例です。
また生前から様々な節税対策を行っておくことで、将来発生する相続税を節税することも可能です。



相続税の計算方法

ここでは、計算方法で最も基本的な“基礎控除”について解説します。
“基礎控除”とは、課税される遺産の総額が、定められた一定額を超えなければ相続税がかからないというものです。
計算方法が難解で分かり難いのですが、課税される遺産総額が基礎控除額を超えなければ、そもそも計算する必要もありません。
この基礎控除の計算方法は、3000万円+法定相続人の人数×600万円となっています。
一例を挙げると、課税される遺産総額が4500万円、相続人が子3人の場合、課税遺産 総額4500万円−(基礎控除3000万円+3人×600万円)=マイナス300万円となり、税金は発生しません。
また以下のような、控除の特例が多数設けられています。


@配偶者控除(配偶者の税額軽減)とは?
・配偶者が取得する割合が法定相続分以下の場合は相続税はかかりません。
・配偶者が取得する財産が1億6,000万円以下の場合は相続税はかかりません。
但し、この特例を利用する為には、原則として、申告期限内(10ヶ月以内)に分割協議を完了させて、相続税の申告・納付を済ませる必要があります。


A未成年者控除とは?
法定相続人に未成年者がいる場合には、未成年者が成人(20歳)に達するまでの年数1年(1年未満の端数は1年として計算)につき、6万円が相続税から控除されます。


 

B贈与税額控除とは?
贈与税額控除とは、二重課税を防止するための規定です。
死亡日前3年以内の財産の贈与は、相続税の対象として加算計算されますが、贈与税を既に払ってる場合には控除できます。


C障害者控除とは?
・法定相続人が一般障害者の場合は、対象者の年齢が満85歳になるまでの年数1年につき6万円が相続税から控除されます。
・特別障害者の場合は、対象者の年齢が満85歳になるまでの年数1年につき12万円が相続税から控除されます。


D相次相続控除とは?
相次いで相続が起こった場合を指し、短期間に続いて起こった場合に於ける相続税の加重負担を防ぐために設けられています。
10年以内に2回以上の相続が発生した場合は、前回かかった相続税の一定割合を控除できます。



土地の評価

相続税評価で最も重要なポイントとなるのが土地の評価です。
土地の相続税評価方法については主に以下の2つの計算方法があります。


1.相続税の路線価×地積
2.固定資産税評価額×倍率


路線価とは国税庁が発表している土地(全国の主要な市街地の道路)の価格です。
この路線価を基に土地評価額の基礎が計算されます。
この路線価は、毎年1月1日が評価時点となり、概ね8月上旬頃に公表されます。
路線価は、税務署内にある路線価図等閲覧コーナーやインターネット上のホームページより簡単に閲覧できます。
これは、税理士・会計士に限らず、一般の方どなたでも見ることができます。


また固定資産税評価額とは市区町村が示す土地の値段です。
固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて市区町村長がその価格等を決定します。
固定資産税評価額(相続税評価額とは異なる)は、固定資産税・不動産取得税・登録免許税など、土地と家屋にかかる税金計算の基準となっています。
固定資産税評価額は、 3年ごとに評価額を見直されます。


土地評価の計算方法が上記の2つに限られるなら、どの税理士・会計士や会計事務所が評価しても同じなのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、路線価も固定資産税評価額も、その金額はあくまで「標準的な土地の参考評価額」に過ぎず、 不動産業的な観点、例えば土地の形状・道路付け・日当たり・用途地域・建蔽/容積率・近隣の環境等から評価する、個々の土地毎の事情を考慮したものとはいえません。
つまり評価額計算にあたっては、土地の形状や周囲の環境等によって、土地評価を減額させることも可能なのです。
そしてこの相続税の土地評価の減額こそが、税理士・会計士や会計事務所によって差が出るポイントであり、 土地の特殊要因をいくつ見つけ、相続税のマイナス要因として税務署を説得させられるかが、税理士の腕の見せ所といえるのです。



小松原会計事務所
プチホームページanex
三鷹市武蔵野市のリフォームならヒカリ建装
リフォーム・エクステリアの空間工房三鷹市本社
マイセン陶磁器食器通販専門店ブルーム
ひかり経理事務所
プチホームページ
吉祥寺デザインリフォーム
武蔵野市薬剤師会調剤薬局
武蔵野市議会議員近藤和義

相続に慣れている人はいません。普通は分からないことばかりです。

相続

だからこそ専門家に相談しましょう。相続の悩みは税理士に相談することで、そのほとんどが解決へと導かれます。



税理士は、相続に関する色々な疑問やリスクを明確にし、
  その「具体的解決策」を明示することを使命としています。

だからこそ、税理士は頼りになるし、相続なら税理士なのです。


・うちって相続税がかかるのかしら?
・相続税って、安くできないのかなぁ?
・財産より借金が多いときはどうすれば?
・相続税を支払うお金がないときは?
・争続で財産の分割が決まらない時ときは?
・誰に相談すれば一番いいんだろう…?

相続の悩みは税理士に相談しましょう。

?
相続の相談は税理士に



相続無料相談コール03-3333-0003




以下に該当する方はぜひご相談下さい。

相続発生“前”の場合


相続税がどの程度かかるのか知っておきたい
遺産に不動産が多い
相続税の納税資金を準備できるか不安
遺産分割で、もめない様に準備しておきたい
遺言書作成の適切なアドバイスが欲しい
土地の評価対策や貸地問題を解決したい
上場株や投資信託を多数所有している
預貯金を分散をしている
賃貸収入の所得税・消費税の節税をしたい
現在の税理士の対応・施策に疑問を感じる


相続発生“後”の場合


とにかく相続税を減らしたい、節税したい
各種特例を有効に活用したい
故人の財産が家族名義に分散されている
円滑な遺産分割に助言やサポートが必要
提示された遺産分割内容に納得できない
多額の借入金を相続してしまった
顧問税理士は相続が専門外
既に支払った相続税の還付を受けたい



相続無料相談コール03-3333-0003



相続税理士 小松原会計事務所の強み


難しい法律用語で戸惑わせることなく、分かりやすく親切な対応をします
税理士業は“先生業”に非ず、サービス業に徹した親しみやすさが強み
経験豊富で高品質な申告サービスを良心的な税理士報酬でご提供します
報酬総額を事前に提示してから業務に着手する安心な料金システムです
相続税申告のノウハウが豊富で、節税により相続税申告額を少なくします
土地の評価を見直すことで、一度納めた相続税の還付を受けやすくします
書面添付制度を採用しており、税務調査対策も万全です

相続税生前対策 相続税の申告
相続税の還付申告 相続のトラブル


業界“最低級”の安い料金体系


小松原会計事務所は、相続税を知り尽くした税理士が効率的に業務を行いますので、一般的な税理士よりも、税理士報酬を低く抑えることが可能です。
尚、報酬につきましては、事前に内容をご説明した上で見積提示し、了承を得た上で業務を行います。



ベストを尽くした相続税対策・相続税申告


土地の評価 相続税の申告は、土地の評価方法の選択や、特例適用の判断で、税額が大きく変わります
また、会社を経営している方は、事前に適切な株価対策を行っているか否かで、評価額が大きく変わってきます。
特に相続税は、課税対象となる財産の金額が大きいことと、相続税の税率が高いことから、税理士の能力によって納税額は劇的に変わります。
相続税申告に於ける節税対策は、豊富な申告実績と、税務署との折衝の積み重ねで会得できるものであり、何より経験が結果を左右します。
小松原会計事務所では相続に経験豊富な税理士が相続税申告を行うことで、極めて高品質なサービスを提供いたします。
ベストな相続税申告・相続税対策を実施できるよう、弁護士・司法書士等の法律専門家はもちろん、 不動産・保険の専門家などとの連携により、お客様の相続を包括的に完全サポートいたします。



書面添付制度で税務調査対策も万全


書面添付制度とは、税理士法第33条の2に規定されており、税務署がチェックしそうな項目に関して、予め税理士が当該項目に関する書類を作成・添付して申告書を提出する制度です。
土地の評価 当該書面添付制度を採用すると、税務署は税務調査を行う前に、事前に担当税理士の意見を聞く必要があるため、納税者宅に唐突に出向いて税務調査をすることはありません。
相続の税務調査は、申告内容の疑問点や不明点、申告漏れ財産が存在する可能性等を総合的に勘案したうえで、行うかどうかが決定されますが、 書面添付制度の採用により、信頼に足る税理士が適正に申告書を作成し、予想される不明点等も予め適切に説明しておくことで、税務調査が入る可能性が低くなると一般にいわれています。
また、当該制度の採用により、税務署は税務調査の前に税理士に問合わせをするため、税理士の回答により疑問・不明点等が解決し、税務調査まで発展しないケースもあります。
このように書面添付制度は、税務調査対策に於いて大きく功を奏します。
しかしながら、この書面添付制度は、その資料の作成に事務的な負担がかることや、万一適正でない申告書を提出した場合には、その税理士も責任が問われる恐れがあるため、 相続税申告で導入している税理士事務所はごく少数しかないのが現状です。
小松原会計事務所では、相続税申告に書面添付制度を導入し、高品質で適正な申告を行うことで、安心の税務調査対策を行っております。



相続無料相談03-3333-0003



遺産相続


杉並区東京相続相談センター案内


運営:小松原会計事務所 税理士 小松原英二


〒168-0082 東京都杉並区久我山5-7-8
TEL:03-3333-0003 FAX:050-3737-0297



アクセス:京王井の頭線久我山駅(急行停車駅)北口徒歩1分
  • 渋谷より急行で4駅約12分
  • 新宿より明大前乗換えで約17分
  • 吉祥寺より急行で1駅約4分
アクセス

税理士小松原英二

小松原会計事務所

代表税理士 小松原英二
遺言作成

〒168-0082 東京都杉並区久我山5-7-8 小松原会計事務所 代表税理士:小松原英二 TEL:03-3333-0003 FAX:050-3737-0297


COPYRIGHT(C) 杉並区東京相続相談センター ALL RIGHTS RESERVED.